古いデザインの無線機

トランシーバー

無線機と赤い服の男性

無線機というのは、送信機と受信機の機能を持ったものを言います。
でも、無線機というのは、受信機のみの機能を有したものに対して、法律的に区別をしており、送信機の機能をもつた装置を総じてそのように呼んでいるのです。
またこれは、別名トランシーバーという事もあり、出力の大きさによって無資格なのかそれとも有資格なのかが決まっており、資格があるものの中には、特殊性の高いものもあり、いろいろな場面で、法律に基づいた運用方法が定められていたりしているのです。

種類も様々
では、送信機と呼ばれるものというのは、どのようなものかというと、電波を相手に発信し、情報を送り出す側のことを総じて、そう言っているのです。
また、その送信機には、いろいろな種類の電波を発信するものがあり、それによって、無資格でも使えるものや、有資格でしかつかえないものなどの区別もあるのです。
特に、警察や消防、あるいは、防災や自衛隊などが使っているものは、特殊性があり、一般に人では使えないようになっていたりします。

もしものときに

船の上の男女

法律の範囲内で受信機単独では、無線機と呼ばれない装置と位置づけられている受信機は、その使い道や用途がいろいろとあります。
送信機としての機能は無いにしても、受信はできるので防災無線として使用している場合は、特定の人しか使われていないために混信することがほとんどなく、もしものときに備えやすい情報源ということが言えたりします。
また、受信するのは誰でもOKとなると、警察などの犯罪が絡んでいるところにおいては、秘密が筒抜けになってしまったりするために、現在では、暗号化されたデジタル方式を採用したりしているのです。

携帯やスマホも

無線機をいじる男性

無線機とは、別名トランシーバーとも呼ばれています。
トランシーバーは、送信機の意味を持つトランスミッターと、受信機の意味を持つレシーバーの合成語です。
交通整理の誘導など、遠隔地で作業する複数の誘導者が相互に連絡を取り合いながら作業をする場合などは、送信機と受信機が一体化した無線機を利用するのが一般的です。
情報を電波に乗せて通信を行うという点においては、携帯電話やスマートフォンなども、立派な無線機といえるでしょう。

多種タイプの送信機
送信機は、音声などのアナログ情報を高周波の搬送波に合成して電波を送信するアナログ方式と、デジタル変換された音声や数値情報などを高周波の搬送波に合成して電波を送信するデジタル方式があります。
デジタル信号処理技術がそれほど普及していなかった時代には、前者が用いられていました。
主な用途としては、ワイヤレスマイクロフォンなどが代表的でした。
電気回路としては非常に簡素に作成できるため、小型の盗聴機器などとして利用されることもあり、いまだに社会問題になっています。

受信機は身近に存在

テント内で無線

受信機は、情報ののった高周波電波を受信し、搬送波を取り除いて本来の伝搬情報を取り出す機能を有した受信用通信機を指します。
以前はアナログ回路によって電波の受信から伝搬情報の取り出しまでを行っていましたが、昨今のデジタル信号処理技術の発達により、受信機にもデジタル処理技術が多く用いられるようになってきました。
受信機としての主な用途といえば、なんといってもテレビやラジオに代表される無線方式のメディア受信機器が挙げられます。